徳島・歯周病相談室(カマタ歯科クリニック)
ブログ
  • HOME »
  • 当院を受診される前に知っておいて頂きたいこと

当院を受診される前に知っておいて頂きたいこと

予約制について

歯科治療でよく見受けられる問題点

皆様方は他の医院などでこれまで、予約時間に行ってもなかなか時間通りに診療が始まらなかった、という経験はございませんか。

ひどい場合は30分さらには1時間と待たされ、やっと名前が呼ばれたと思ったら診療自体は15分、ということはないでしょうか。

往復の通院のために何十分も使い、さらに待たされ、その上実質治療時間はほんの15分しかない。

そういう15分単位ぐらいの診療では、なかなか歯の治療というのが進みません。

そして通院回数が多くなり、なかなか思うように治らないために

治療を途中で中止……。

またしばらくするとその部位が痛んできて再治療……。

こうした同じ事の繰り返しで、やがて歯を失っていくというのが現状ではないでしょうか。

また歯を失わないまでも、待たされる時間や通院の煩わしさのため、ついつい治療を1日延ばしにし、虫歯が進行してしまい、結局ひどい状態になってから通院し、うんざりする時間を過ごすということを繰り返していたかもしれません。

カマタ歯科クリニックの治療方針

カマタ歯科クリニックではこの解決のために、予約制計画診療という2本柱で治療を行っております。

1) 予約制

予約制というのは、患者様にとって御都合のよい時間を伺い、なるべくその都合に合わせた予約を取る仕組みです。

この仕組みの良いところは、患者様を待たせることなく治療にすぐかかることが出来る、ということです。

そのため、貴重な時間をただ待つためだけの無駄な時間として過ごさなくていいということです。

2) 計画診療

計画診療というのは患者様の資料を、例えば

  1. レントゲン
  2. 模型
  3. 口の中の写真
  4. 目で見ての検査(視診)
  5. 顕微鏡でプラークの状況を調べる

などを集めるために検査を十分に行い、それに基づいて診断を行い、その上で治療計画を立てるということです。

治療計画は専用のカウンセリング室で、検査結果に基づき30分~1時間かけて行います。

もちろん、その治療計画に対して患者様の意見を十分にお聞きし、そして一緒に治療計画を立てていく、という形で行います。

決して院の都合を押しつけるということではないので、ご安心下さい。

そして治療時間は基本的に1時間単位で行わせていただきます。

プライバシー保護のため、完全個室で行います。

当院は、全室個室での診療です。

歯科衛生士の担当制

さらに私どもは、歯科衛生士の担当制を取っております。

これは、歯周病をメインで治療をしていく場合、担当の歯科衛生士は、お医者様と看護師との関係みたいに、歯科医師の指導に基づいて、色んな治療を行います。

例えば、

  1. お口の中の歯石を取り除いたり
  2. 歯磨きの指導をしたり
  3. 栄養指導や
  4. 食育指導

までを含めた、幅広い治療を行うことができます。

そしてそれをひとりの衛生士が一貫して患者様の歯肉の変化や治療の過程とかが分かっておりますので、治療がスムーズに進み、また患者様も安心して、色んな事を相談できるという良さがあります。

ある意味の家庭医に近いような存在かもしれません。

短期集中治療

さらに私どもは場合によっては2時間くらい取って、色んな治療を一気に進めて参ります。

通院回数を減らすことによって、患者様の通院のためだけの無駄な時間をなくし、できるだけ短い期間と少ない通院回数で治療することを目指しております。

短期集中治療です。

この仕組は、特に忙しいビジネスマンの方や、子育て中で治療に通うのもままならないお母様方にとても好評です。

カマタ歯科クリニックからのお願い

ですから、患者様にも私どもからお願いがございます。

遅れて来たり、直前に時間を変更されたりしますと、私共はとても困るのです。

と申しますのも、歯科医師も衛生士もあなたのために1時間という時間をとって、治療の計画を立てております。

器具の準備をし、当日の予定を立てて待っておりますのが、それらがすべて無駄になります。

準備や計画が本当に全く無駄になりますので、できるだけ直前のキャンセルや無断キャンセルはやめて頂きたいのです。

来院が無理だと分かった時点で、なるべく早くご連絡下さい。

そうしていただくと、他に救うことができる患者様に連絡することも出来ますから。

こうしたことによってお互いの信頼感も増しますし、治療もスムーズに進みます。

そして、患者様のお口の中の健康が保てることによってQOL(生活の質)が上がり、食べることの幸せを感じていただけると思います。

私どもも誠心誠意取り組みますので、患者様にもやはり、治療に真剣に向き合っていただきたいのです。

こうした理由により、たびたびキャンセルを繰り返される場合は、治療をお断りすることもございますので御了承下さい。

最後に

予約制をお互い守ることによって、信頼感も増し、治療もスムーズに進み、患者様も私どもも喜びを感じる、まさにwin-winの関係を作る為に、このシステムを採用しております。

もちろん、全く初めての方で飛び込みの方は、少しお待ちいただくかもしれませんが、キチンと拝見しますので、ご安心下さいね。

とはいえ、いろんな事情で予約を守ることがなかなか難しいという場合は、その事情を相談していただければ、最善の策は無理でも次善の策という形で対応することも可能です。

決して四角四面な杓子定規な形でやるというわけではありません。

予約制も、計画診療も、患者様がお口の健康を取り戻し、生活のQOLを上げ、喜びを感じて頂くためのものですから、柔軟に運用しておりますので、“こんなことを聞いたらまずいかな”などと思わず、遠慮なく御相談下さい。

それでは、ご連絡をお待ちしております。
カマタ歯科クリニック
院長 鎌田賢介より

保険の治療で知っておいて頂きたいこと

カマタ歯科クリニックの治療の特長

患者様に知っておいて頂きたいことがございます。

カマタ歯科クリニックでは基本的に、治療は保険で行っております。

当院の特長は、大きく次の3つです。

  1. 完全予約制 (予め時間を決めて治療を行い、患者様をお待たせしませんので、無駄な時間を過ごすことがありません)
  2. 完全個室診療 (プライバシーを守るために)
  3. 担当衛生士制 (同じ人が治療の状態を見続けることにより、治療がスムーズ進みます)

治療時間・回数と治療費について

そして1回の治療時間は、1時間を基本単位としております。

そのため、歯の治療が1度の通院で格段に進みます。

このことにより、カマタ歯科での治療費が高く感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、トータルでの治療費は同じです。

ここは大切なところなので、詳しく説明致しますね。

例を挙げましょう。

例えば、虫歯が進んで歯の神経を治療することになった場合、

  1. レントゲンを撮り、麻酔をする
  2. 神経を抜く
  3. 神経の管をきれいに掃除し、消毒する
  4. 神経が入っている管に薬を詰める
  5. 土台を作る
  6. タービンで土台を削る
  7. 型を取り、仮歯を作る
  8. 上から被せる冠(クラウン)をセメントで装着する
  9. 噛み合わせを調整する
  10. 2~3日して経過を見ながらもう一度調整する

 

治療過程は上記の10段階に分かれます。

そして、それぞれの治療工程の費用は、全国一律に決まっております。(これは国が決めた制度です)

材料や方法も一定の基準の中にあります。そして、全国一律の価格です。

話を単純にするために、仮に上記の1工程を1000円としますと、全部で治療費は1万円です。

1工程を1回の通院で行えば、10回の通院となります。

1回の治療費は当然1000円です。

しかし、1回の治療で5段階の治療を一挙に行えば、通院は2回で済み、1回の治療費は5000円となります。

1回に支払う額が高くなりますが、トータルの治療費は1万円で変わりませんので、そこをよく御理解下さい。

要約

まとめますと、カマタ歯科クリニックでは、1回の治療時間を長くして、治療工程をドンドン進めますので、一見1回の治療費は高く

見えますが、その治療に係る費用はトータルでは同じです。

またそうすることによって、通院回数を減らし、患者様が通院のためにかかる煩わしい思いを出来るだけ少なくしますので、御安心下さい。

安心して治療を受けていただくために

カマタ歯科クリニックにおける、感染症予防の取り組み

今、医療の安全性が問われています。エイズやC型肝炎の問題は記憶に新しいところです。

歯科医院は安全でしょうか?

実は歯科医院はとても危険な場所です

歯科治療は基本的には外科手術を行う処置が少なくありません。その為血液唾液からの感染に注意しなければなりません。

そして、歯科治療には数多くの器具が必要です。

その中に消毒・滅菌が難しいものがたくさんあります。

特に難しいのがコレ!

歯を削る機械です。

歯を削る機械

当院では、もっとも難しい切削機械の滅菌を徹底的に行っています。

当院のほとんどの切削機械を滅菌し、パックしています。

切削機械

消毒と滅菌

○消毒

病原性微生物を科学的・理学的手段によって死滅させることです。

○滅菌

すべての微生物を完全に死滅あるいは除去することです。

感染のない安全な治療を行うために当医院では全ての医療器具に対して消毒・滅菌を徹底させています。

消毒・滅菌機器

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

オートクレーブ

121度、2気圧で飽和水蒸気を作り、20分間加熱することで微生物を完全に殺菌する装置です。

オートクレーブ

グローブ

患者様1人1人新しいグローブに交換しています。

グローブ

胸かけ・紙コップ・ヘッドカバー

胸かけ・紙コップ・ヘッドカバー

患者様の胸かけ・コップ・ヘッドカバーはすべて使い捨てです。

基本セット

基本セット

ミラー・ピンセットなどは、 1人1人滅菌されたものをパックして使用しています。

切削器具

切削器具

歯を削るバー・器具なども、1回1回滅菌をしてパックをし、一人一人に開いています。

その他の医療器具(1)

その他の医療器具

血液・体液に触れる医療器具に対しては滅菌を行っています。

その他の医療器具(2)

その他の医療器具(2)

その他の医療器具(3)

その他の医療器具(3)

その他の医療器具(4)

その他の医療器具(4)

口腔内で唾液や血液に接触するものにすべて滅菌、そしてパックしています。

またその他のものは使い捨てです。

治療用チェアー

各患者様の治療終了後、消毒用アルコールでふきあげを行っています。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ