○○新年のご挨拶○○

本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年はカマタ歯科にとって、色々とありました。
岡本先生が加わり、小児歯科治療を本格化したり、新人衛生士の高瀬さんが入って、よりきめ細かい治療ができるようになったり、 内装も二階部分まで個室化しました。
これは、診療中に個人情報がもれるのを防ぐためです。
自分の治療内容が隣の人に聞かれるのはいやですものね。
また、靴を脱がなくても良い様にしました。これはご高齢の方には意外と手間なのがわかったので。
とまあ、診療においてソフトの面でもハードの面でも変化がありました。
また、ホノルルマラソン参加断念があったりで、結構忙しい年でした。
今年、平成十九年には、新しい衛生士の柿本さんが四月からメンバーに加わる予定です。
当医院もこれからは、衛生士の担当制が実現しそうです。

○○今年の抱負○○

鎌田院長
高瀬さんに負けず、10kg減!!そして今年こそ、ホノルルマラソンへ参加するぞ!
Dr岡本
身体が資本!体力の向上に励みたいと思います。(せめて現状維持(笑))
DH佐藤
今年こそは山野草か陶芸をしたいと思います。
DH高瀬
体質改善!!体重MAX時から10㎏減(現在、あと5㎏)
DH高橋(鎌田)
ポジティブシンキングで前向きな一年を過ごします。
DS春本
毎月目標を決める。出来なかったことは必ず反省し次につなげる。
DS鎌田
いつも笑顔で患者様に接することができるよう、心身共に健康を心がけたい。

○○カマタ歯科・新情報○○

「針を刺す前に表面麻酔をする、歯科で使用されている中で一番細い針を用いる、体温に近い温度に麻酔液を温める、痛くない刺入角度の研究等で、 痛くなくなった。」とは言っても注射は嫌なものです。
でも、針がなければ刺す痛みから解放されます。恐くもありません。
だから無痛治療の一環として導入しました。 高気圧で麻酔薬を直接粘膜に注入します。
当院では、これからも無痛治療の実現に向けて色々な方法を導入いたしますので
よろしくお願い申し上げます。 工夫の凝らされた新しい発見があるかもしれません。

○○スタッフコーナー・佐藤○○

今回は、昨年の事になりますが患者様のYさんから『神戸ルミナリエ』の写真を送っていただいたので紹介させていただきます。
Yさんは、お母様を亡くされてから供養のつもりで毎年行かれ、今回で7回目だそうです。
私はまだ行った事が無いので1回行きたいと思います。
ちなみに、『神戸ルミナリエ』は阪神淡路大震災の起こった1995年12月に
開催され、 それから神戸の冬の風物詩として定着されたそうです。
Yさん今回はどうもありがとうございました。

○○スタッフコーナー・高瀬○○

12月の11日から14日に院内研修を行ないました。
言葉使いや説明の仕方の練習をしていると『言葉って言うのは少し違うだけでも随分感じが変わったりするもんだな』と切に思いました。
同じ言葉でも受け取る人によって意味合いが変わってきたりもします。
ホントに言葉って奥が深いです 説明の口上を紙に書き出していくと、想像以上の量になります。
私たちは普段気が付かないですが、とてもたくさんの言葉を発しているのだな…と。
自分が意識していないくらいの言葉で誰が嬉しくなったり、悲しくなったりするのだったら、絶対嬉しくなるほうがいいですよね(^^)
無意識下で人を思いやることが出来る考え方、呼びかけを身に付ける。
今回の院内研修でそんなことを学んだ気がします。

○○スタッフコーナー・岡本○○

“食育”という言葉を耳にされたことはありませんか?
近頃は、気軽にレストランに行くこともできますし、コンビニにはいつもお弁当が並び、お惣菜も豊富です。
しかし、食事は“口に入れば、どんなものでも一緒”ではありません。
“食育”とは、健全な心と肉体を育むためには、食事が基本!日々の食生活を大切にし、五感と心で味わいましょう!
という考えです。
今回は、“食育”のなかで問題となる“こしょく”についてご紹介します。
“こしょく”には、4つの文字を当てはめることができます。
孤食 一人さみしく食べる          →孤立・孤独と感じやすくなる
個食 家族各々が違うものを食べる
好きなものだけ食べる         →わがまま、キレやすくなる
固食 いつも決まった同じものばかり食べる  →内臓機能を失う
粉食 パン・麺類などの偏った食事      →大きな病気を引き起こす
このことは、育ち盛りの子どもさんにも、またお年寄りにも当てはまります。

包丁がまな板をたたく音が聞こえ、食欲をそそるにおいが漂ってき、おいしそうに盛り付けられたお料理を家族で囲む・・・
そんな至極当たり前のような食卓が失われつつある現代、食生活を今一度見直してみてください。
みなさん、まずは一日の基本である朝ごはん、しっかり召し上がっていますか?

○○スタッフコーナー・春本○○

気分も新たに、ストレスのない社会を目指して(ちょっと大げさですが・・・)
「快刺激」をたくさん受けましょう。だれでも、自分にとって嬉しいことや楽しいことは、脳が活性化します。
痴呆症の人に快刺激を与えると、著しく記憶が戻るそうです。残念ながら、すぐ元に戻ってしましますが・・・
難しく考えずに、自分の好きなことを頭に浮かべて下さい。
美味しい食事や趣味 ・デートなど、考えるだけで楽しくなります。
嫌なことは、プラス思考に考えましょう。
「また失敗しちゃった、どうして私はこうなんだろう・・」 と落ち込む場合と、
「失敗したのはなぜだろう。よし、次は同じ失敗はしないようまたやってみるぞ!」
この意気込み、先につなげる考え方、ぜひこころがけたいですね。
成功した時の喜びが大きくなるでしょう。
かくいう私は、えらそうにはいえません。すぐに落ち込み考え込んでしまいます。
今年はいうだけでなく、少しでも実行して前進したいと思います。
干支にちなんで、突進・・・今年もよろしくお願いいたします。

○○編集・高瀬○○

この間12月に入ったかと思えば、もうお正月ですね。
さすが師匠も走る12月…!!時の流れが速いです。
高瀬家では毎年年末に父方の実家でお餅をつきます。
それをしていると「あぁ…お正月なんだな~」としみじみ思います
杵と臼でつくので翌日筋肉痛になって「あぁ…運動不足なんだな」
とまたしみじみ思って高瀬の年明けが始まります(苦笑)
皆様、昨年はどんな年でしたでしょうか?
今年一年皆様にとって良い年でありますように…☆